世俗Gaming

現代の男性は強みと価値を喪失し、やんわりと嫌われつつある説

最近は男女に関する話が多いが、今日も懲りずにひとつ話したい。頭の中が男女男男女男女だ。 単刀直入だが、私の主観では、今の社会は徐々に男性の立場や強み、バリューが失われているように思える。根拠はいくつかあるから順に話させていただきたい。 この…

自動車学校は形式にとらわれずに、もっと実践的な知識も教えるべき

『車の運転は出来て当たり前』っていう風潮があって、免許の保有率や車の所持率を見てもそれは確かにその通りなんだろうけれど、その割には車を利用するにあたっての実践的なイロハや、その他必要事項に対する教育と周知が足りていないように思える。 例えば…

NHKの今治タオル報道に憤慨する義憤の人と、不買運動とかいう迷惑行為

今治(いまばり)タオルの件について、今宵ちょっとばかりキレ散らかす。罵詈雑言並べるから不快な気持ちになりたくない人はブラウザバックしていただきたい。 まず、大筋を知らない人のために大雑把な経緯から。 ベトナム人技能実習生『日本に出稼ぎに来たけ…

少子化対策は手遅れ、そして悪あがき ~孕ませポストモダン~

少子化の根幹にはエロがある。 デジタル革命がばら撒いたオカズは、先進国を少子化へと変えた。 あらゆる性癖に配慮したオカズたちが軒を連ね、我らのムスコ達が白濁した涙を零す。 >>『いいか、オスジャップには屈するな』 だがアダルト産業は諸刃の剣だ。 …

企業の横暴・不正とネットリテラシー

ここ最近、育休や育児関連のフレックス制度を使用した後に、会社から嫌がらせを受けたという報告が大小含めていくつか上がっている。復帰後に転勤を命ぜられたり、減給措置を取られたそうで、嫌がらせを受けてたとされているのはいずれも男性社員だ。 こう…

知ってトクする岡山の名産品ベスト13♡

// かつてアンパンマンを信じた少女がいた。アンパンマンの声を聴き、アンパンマンの声に従い、アンパンマンの名を説いた。だが、戦場にアンパンマンは居なかった。 奥津湖の黙示録 第13節 『久遠』 岡山の名物、第一位は~~~~~~~~~~ 岡山市の "人…

死屍累々の人生100年時代 -暗黒の老後-

言い出しっぺは誰なのか存じてはいないが、ここ最近は "人生100年時代" という言葉───一種のスローガンをよく目にしていて、ちきりん氏もそれに関する記事をいくつか執筆されていた覚えがある。 人生100年時代というのは、文字からだいたい察せる通り『100年…

『終身雇用・・・なくなっちゃったね・・・///』

出典:http://www.hibiki-site.com/lovely-cation/ 経団連の会長に引き続き、先日はトヨタのボスである豊田章男氏までもが『終身雇用、いや~きついっす(素)』とこぼしてしまった。 実質的に日本の頂点であるトヨタがそれを切り出したということは、それに倣…

日本は衰退していないしオワコンでもない希望の国だ

日本は最高だぜ。夢と希望に満ち溢れた黄金の国だ。 これから更なる発展を遂げるユートピア、ザナドゥ、ワンダーランド、イェア! ...。 新元号令和突入というおめでたムードを迎えている一方、それ以外のことに関しては、興が削がれるレベルの退廃的でペシ…

今年のゴールデンウィーク明けはいろいろヤバそうな予感

本日をもって、様々な思惑が交錯した黄金の10連休───通称 "ゴールデンウィーク" が幕を閉じる。 今コレを読んでいる方々にも 10連休だった人 何日か拘束された人 シフト休で関係ない人 1日も休めなかった人 そもそも365日休みだから関係ない人 死にたくなっ…

はい!ロマンを落とすてth..しまったのですが【Romance is dead】

うわああああっ ちょ待って行かないで あああっ 落としちゃった! ウワアアアアアアア...... マアアアァァァァ...... うわっ、落としたあああっ! 無垢な純情落としちゃった! 社会『んっどうかしましたか?』 はいっ! ロマンティックな感性を落とすてth..…

GWをめぐる阿鼻叫喚のマウント取り

GWに起因する各種マウント取り喜劇の幕は、GWに際してぼやきの多いサービス業従事者への煽りに切って落とされた。 サービス業煽り サービス業労働者:『ウチらGWも働きっぱなしなわけだけど、10連休の連中はウチらに感謝しろよ』 10連休民:『いや、お前らが…

池袋交通死亡事故への反応は、"上級国民 vs 大衆" という二項対立の序章

東京・池袋で乗用車が暴走し母子2人が死亡した事故で、運転していた高齢男性が逮捕されないことに対し、『上級国民だから逮捕してないんだろ』という推測がなされ、波紋を広げている。 彼ら曰く、容疑者は旧通産省の官僚を務めていたり、大手企業の役員を経…

"電車・鉄道好き" という属性がスティグマと化す令和元年

ずっと前から、『(撮り鉄など含めて)電車好きにはアレな人が多い』という偏見が社会にあったと思うんだけど、いつごろか実際に『電車が好きな人の各種障害率が高い』という傾向を、客観的根拠とともに論じられて以来、電車好きという属性は一種のスティグマ(…

Service-ZANGYO: 社畜 Never Lives

サビ残の奴隷、黒企業に忍ぶ。 "Service-ZANGYO: 社畜 Never Lives" とは、黄金の国ジパングで流通している国民症戦略シミュレーションゲームである。 時は令和。極東の洋上に、ジパングの国はある。実業家・渋沢栄一が、わずか一代で国盛りをして興した、東…

白人崇拝の責任を取らされる日本人男性に幸あらんことを

日本人男性にはあまり見られないが、日本人女性の一定数には白人(男性)崇拝者が存在し、しばしば『欧州の男性はこんなに甲斐性があるのよ♡』というポストをバズらせている。その比較に扱き下ろされるのは言うまでもなくアジアン男性だ。 彼女ら曰く、白人(男…

私がデマとフェイクニュースをネットに流す175の理由

デマを流すのは頭が悪くて、ネット上で注目を浴びることに喜びを感じちゃう人です。 ───西村博之 喜び、感じるんでしたよね? ※面倒くさいからデマとフェイクニュースとただの嘘を一緒くたにして書く Faith/Grand Orgasm あらゆる虚偽を本物に変える願望機、…

新元号を『どうでもいい』と思っている民、貴様許さんぞ

メディアが過剰に取り上げている節があるせいか、元号に関する話題がよく目に付くけれど、ぶっちゃけだいたいの人は『どうでもいい』と思っている気がする。少なくとも私はそうだ。無論こうやってわざわざ記事にする程度の興味はあるものの、あくまで『新元…

自身へ寄せられた批判を、『攻撃』や『悪口』と解釈してしまう人

とあるおっちゃんが放ったバズり投稿によると、今の若い人は『批判』をただの『悪口』と捉えていて、仮に真っ当な批判、相手の論理的誤りを指摘するための批判だったとしても、 攻撃された いちゃもんをつけられた マウントを取りに来た 喧嘩を売られた 人格…

ドイツの地上波CMが日本人を虚仮にして炎上

ドイツのCMが物議を醸している(らしい)。 内容は、白人のおじさんが履いていた汚いパンツを商品パッケージングし、それをアジア(日本人という設定)の女性が販売機で購入してクンカクンカと悦ぶCMだ。『アジアン女性は白人が好き』ということを侮蔑的に表現し…

現代がストレス社会なんじゃなくて、単に人が打たれ弱くなっただけ説

『現代はストレス社会!』というニュアンスのフレーズをよく見かける。 なんだか実態はよくわからないけれど、男はつらいよの要領で現代人は辛いらしい。私は昔の人ではないから、現代人がとりわけ辛いのかどうかの主観的な判断はつかない。 現代がストレス…

フェミニストの藁人形でおままごとする

藁のお人形さんで遊びたくなったので遊びます。意味がわからない人は『藁人形論法』で検索。 各項で話を区切った小篇。擬音や補足以外の地の文は、すべてフェミニストのセリフです。なお、エピソードは半分くらい本当にあった話を元にしていますが、中には信…

"煽り運転する側が悪い論" VS "煽られる側が悪い論" の総括

煽り運転について、未だに『煽り運転は煽る奴が悪い~』だとか『煽られる側に問題がある~』だとか、各々の価値観と経験でお気持ちを表明し、泥沼の論争をしていらっしゃるが、それはあなたの "感想" ですよねという煽りを贈呈したい。 まず客観的な前提条…

フィギュアの魔改造師逮捕に見る、著作権侵害の非親告罪化

※ブログ引っ越しに伴い再生した記事のため、日時がズレています 本日1月18日に、千葉県のフィギュア魔改造師の男(39)が逮捕された。 男はフィギュアの "魔改造" と呼ばれる、パーツのすげ替えやリペイント等の改造を行い、その品をオークションサイトにて販…

著作権ヤクザのコピーライトトロール怖すぎ問題

※ネタ半分に我流の意味不明な造語表現をしている部分があります。ご容赦ください 今、コピーライトトロールというものが若干世間を賑わせている。前言撤回、言うほど賑わせてもいなかった。 コピーライトトロールっていうのは、文字通り コピーライト = 著…

今日本で虐待がアツい、空前絶後の虐待ブーム

最近のニュースで、虐待について頻繁に騒がれている通り、今日本では子供に対する虐待が目に見えて増加している。また、その証拠となる統計もすでに出されている。(ソースを貼らない無能) だが、いくら虐待が増えたとは言っても、それは単に虐待認定のハード…

グリコのアプリでちんまん戦争が一触即発、キューバ危機の再来か

2月6日にリリースされた、グリコの夫婦育児アプリ・"こぺ" 。そのリリース記念として19日に公開された記念広告が、炎上批判で潰れた。 "こぺ" って何から名付けたんだろ? コペルニクス的転回かな。 天国のイマヌエル・カントさんも、さぞ鼻が高かろう。 女…