ブログ引っ越しの経緯、理由について

やめると思った?

正直やめるか迷ってた ٩( ˙༥˙ )ง

 

しかし見ての通り、この度ブログを引っ越しての継続となりました。

 

せっかくPVが盛れてきていいところだったのに、まったくもー。

 

ブログ PV

 

さて、突然の移転で怪訝に思っている人がいるかもしれないので、とりあえず釈明というか経緯をお話したいと思います。

 

 

私が白いサクシードバンで2トントラックへオカマ掘っただとか、夢見りあむちゃんをすこって鼻血吹き垂らしていたわけでは決してございません。ガキが...おかしな勘違いしてると潰すぞ...。

 

りあむちゃんかわい...かわいくない?

 

夢見りあむ

 

 

ブログ移転の理由

理由はいくつかあります。

 

順に説明をば。

 

【1】- ???『ガキが...舐めてると潰すぞ...』

本項目がブログ引っ越しの引き金になった一件です。

 

詳細については口封じされているため、婉曲した遠回しな表現(大嘘)しかできないのですが、要約すると『ガキが...舐めてると潰すぞ...』と言われました。

 

ガキが...舐めてると潰すぞ...

 

で、なんで急にそんなことを言われたかと言えば、私の書いた記事の内容を不都合に思う某団体がいたようで、彼らは私(の書いた記事)に消えてほしかったらしく、『ガキが...舐めてると潰すぞ...』というご勧告を承りまして、当該部分は削除しています。

 

これくらいの経緯なら書いていいでしょ > 某団体さん

 

 

平時なら個人の『不愉快だ!消えなさい!』という戯けた狼藉には反応しないのですが、いかんせん今回は相手が悪かったのと、個人ではなかったことと、私にも(道徳はともかく法的に)落ち度があったので、非を認めてボキリと折れる形となりました。

 

しかし、先ほども述べている通り、この件がブログ引っ越しの直接の原因になったわけではなく、あくまで移転の決め手となったに過ぎません。

 

 

【2】- 抱える爆弾の数と権利ケア

インターネット 危険

 

昨今のインターネットは超アバウトに言うと "危険" です。

 

と言うのも

 

  • 著作権の非親告罪化
  • 今話題のスクショの違法法案
  • 表現の自由の矮小化とも言えるポリコレ棒ブンブン
  • 精髄反射で差別認定
  • 何か煙を立てられるとすぐ名誉棄損や侮辱罪で脅す悪人(自分から炎上商法しておいて、いざ叩かれると名誉棄損で訴えるぞと脅しを振り回す滅茶苦茶な輩もいる。誰とまでは言わないけど)
  • 弁護士を使った不祥事暴露の火消し(有名企業がやってる)
  • 不祥事やトラブルの炎上と私刑
  • 『私の気に入らないものは許さない、消えなさい』というやべーお気持ち連中の登場

 

といったように、徐々にギスギスしてきているのが現在のインターネットです。

 

まぁ良く言えば、より万人に配慮された公正と考えることもできますが、事実不寛容さばかりが増大してルールやNG行為の幅が拡大、結果としてリスクが増大していますよね。

 

そのリスクを例えるなら、みんな爆弾を抱えている状態なわけです。

 

  • SNS等に無断転載をした爆弾
  • 顔出し(実質リアル割れ)をした爆弾
  • 引用の要件を満たさない引用という爆弾
  • スクショを撮った爆弾
  • 男女差別や人種差別をした爆弾
  • 事実無根の情報、デマを流したという爆弾
  • 有名人やネットリンチ被害者をディスった爆弾
  • 炎上するかもしれない不謹慎投稿という爆弾

 

上記のような、グレーゾーンという名の爆弾をおおよそ誰しも複数個所持していますが、これらがいつ爆発するかは誰にもわかりません。誰にもです。見咎められていないから、運が良いから爆発していないだけです。

 

以前にも述べている通り、SNSなんかは特に権利侵害の温床です。

 

そうして、上記の爆弾を抱える数が増えれば増えていくほどに、危険は増していくことになります。

 

びこーず

このくだりから何が言いたいかと言えば、私もそれなりに爆弾を抱えている状態なので、この不寛容社会に合わせてそろそろクリーンな方向を目指してやっていきたいなと思っています。端的に言うと "爆弾を持たない努力" 。(持たないとは言ってない)

 

私が『ガキが...舐めてると潰すぞ...』と言われてしまったのも、私の抱えているいくつかの爆弾のうちのひとつが爆発してしまったと言えます。ですので、爆弾を断捨離すべく引っ越しという形を取りました。今後はリスクの高い投稿はなるべくしないつもりです。

 

(やっぱりねぇ...皇族の写真を使うのは良くないみたいです)

 

 

ただまぁ元も子もない話、爆弾を一つも持たないというのはほぼ不可能な話です。例えば炎上中の人を叩いたとしても、その投稿自体がすでに名誉棄損罪や侮辱罪という爆弾になるわけであって、正義感が強い人もその正義感によって爆弾抱えていることになります。

 

国民は大抵みんなして大なり小なり爆弾抱えてる状態。だからこそ、他人の権利侵害をギャーギャー叩いている人は、どの口で他人の権利侵害を咎めているんだろうと思わずにはいられない。さぞかし潔白クリーンで、叩いてもホコリ一つ出ないんだろうなと。

 

口封じと私刑時代

たかが無名投稿者の投稿でも、頭のおかしい人に見つかったり、誰かの利に反したり、逆鱗に触れたり、存在自体都合が悪いと思われたらいつか必ずトラブります。みなさんも気を付けましょう。

 

特に最近は、事実を書いただけであっても火消しのために訴えられたり、転職サイトへ過去に退職した会社の悪評を書いただけで訴えられたり、商品レビュー記事でネガティブな評価を下したら、業務妨害で訴えられたりといった狭量な行為も多数確認されています。そのように、個人や団体による口封じや火消しも少なくありません。

 

こうした名誉棄損や業務妨害を盾に裁判を匂わせ、発言者にプレッシャーをかけて言論を封じこめる戦略をスラップ訴訟(恫喝訴訟・批判的言論威嚇目的訴訟)と呼び、グーグルで調べてみると、悪名高い企業や団体がそれを行った事例がいくつかヒットし、某政府や某大手衣料品販売メーカーがこのスラップ訴訟を行使して口封じや火消しをした事実を垣間見ることができます。

 

あまり知られていませんが、このスラップ訴訟はいわば社会の闇、知っておいて損はありません。司法の悪用による脱法口封じであり、これこそがまことの『ガキが...舐めてると潰すぞ...』『消えなさい』です。

 

消えなさい

 

私の知っているブロガーにも、とある賃貸業者の不正に関する記事を執筆したところ、その記事を消したがった業者がブログ運営に直訴し、業務妨害だか名誉棄損の名目でブログそのものを潰されてしまった人がいます。さすがにひどすぎる。

 

運営が警告も無しに問答無用で潰したということは、おそらくその業者が『当該ブロガーの記事を見過ごすようなら、業務妨害を助長したとして貴社も訴える』などと言って脅したと考えるのが妥当でしょう。あくまで憶測ですがね。

 

 

この手の告発者(目撃者)への口封じはフィクションにはよくありますが、告発者が圧力で潰されるのは実際よくあることみたいです。潰されているので表面化し辛く、あまり認知されていないのでしょうけど、これが世の常、無理やり黙らせた悪者が勝つ。

 

私が冒頭で述べた『ガキが...舐めてると潰すぞ...』と言われた件も、実質これみたいなものなんですよね。封殺されました。

 

 

そのように、単に特定の何かをサゲただけで、法廷に立たされたり潰される可能性も0ではありません。

 

バカッターやバカスタグラマーのような失態を、自分にはまるで無関係だとバカにしていても、いつ自分が断罪される側になるのかは誰にも予測できません。誰かの利に反する発言や行為をしたのなら、誰であろうと潰される可能性はあります。

 

【3】- デザインテンプレートが適当だった

ブログ デザインテンプレート

 

前のブログではてなに越した後に、はやく記事が書きたくてデザインテンプレートをかなり適当にチョイスしていました。で、後になってからテーマを変えたくなったものの、時すでに何とやら。

 

後からデザインを変えると、記事のレイアウトがおかしくなったりで全体のリライトや調整が必要になってしまうので、ずっと変えたいと思いつつ我慢していました。前のテンプレートは表示スピードの速さだけは良かったんですがね。

 

【4】- 独自ドメイン

独自ドメイン

 

前のブログではブログ備え付けのドメインを使っていました。そうしていた理由は、コストをかけてまで独自ドメインを使用する明確な動機が無かったからです。

 

しかし、運営にブログを潰されるリスクを考えたり、軌道に乗った時にアドセンスを掲載することを考えた場合、備え付けのドメインでは不適当でした。深く考えていませんでした。

 

まぁ、途中からでも独自ドメインに変更することはできます。しかし、そうした場合にリダイレクトや検索順位低下や外部ツールの再設定や内部リンクのアレコレが『めんどくせー』って感じだったので、結局やっていなかったんですよね。

 

だからその点でも、前々から(一からやり直した方が楽じゃね...)と思っていました。

 

はてなに越したときに、もうちょっと考えていれば良かったと後悔しています。時すでにお寿司🍣

 

 

細かい部分を列挙すればまだあるものの、先述の4項目が移転するに至った主な理由になります。4つも理由があれば引っ越すには十分ですからね。

 

 

今後の方針とか

平和

 

過去の反省を生かして、今後はPV数やSEOをあまり意識せず、なおかつグレーゾーンをなるべく侵害せず(一切侵害しないのはほぼ無理だし)、のんべんだらりと平和にやっていきたいと思います。エッチな画像も貼りません!

 

ポリコレヤクザやお気持ちゲーミングに絡まれでもしたら面倒くさいですもの。

 

 

それにしても、昨今のインターネットは不寛容な民やSJWが跋扈し始め、そこへ時流の波が加わってしまい、炎上のハードルは下がり、隙あらばマウント取りでウサ晴らし、隙あらば陰キャ認定、隙あらば正義の名の下にネットリンチ、差別に敏感で、ポルノに厳しく、不都合な発言は名誉棄損や業務妨害で脅され、表現の幅はより狭く、過去のグレーゾーンが徐々にブラック化、アウトになり始めています。

 

実際問題もはや国民の大多数はすでに潜在的犯罪者。しかも、じきにスクショ撮っただけで犯罪者ですからね。一体どこまで制限するつもりなんだろう。

 

そんなこんなで、なんだか息苦しくなってきたと思うのが率直な感想。

 

監視社会


最近になって表現の自由が脅かされていることと、大きな格差が生まれていることと、国民同士で監視して異分子を槍玉に上げて排除している様だけ見れば、これってまさにディストピア(シュタゲのα世界線2036年みたいな)に近づいてるんだよね。某政府も統計情報を改ざんしたり、不都合な告発者を潰していることがすでに判明しているのだし。

 

あとは政府が国民の生殖(血統)管理と情報の統制、水面下のプロパガンダを行って、かつ軍事による社会治安維持(という名の異分子排除)を行えば、大方管理社会のいっちょ上がり。SFっぽいけど、万が一あり得なくもないよね、いささか厨二的思考が過ぎるってもんだけど。

 

お暇中の方は、Twitterで『ディストピア 日本』で調べてみると楽しいかもしれません。

 

って...ブログ移転の話から全く関係なくなっていますが、とりあえず今回はこのへんで。