"煽り運転する側が悪い論" VS "煽られる側が悪い論" の総括

煽られる奴が悪い論

 

煽り運転について、未だに『煽り運転は煽る奴が悪い~』だとか『煽られる側に問題がある~』だとか、各々の価値観と経験でお気持ちを表明し、泥沼の論争をしていらっしゃる。それはあなたの "感想" ですよねって言う煽りを贈呈したい。

 

 

まず客観的な前提条件として、煽り運転をする奴は悪い。

 

仮に被害者(煽られる側)がどんなにひどい運転をしていたとしても、だからといって煽っていい理由にはならない。事故を誘発する危険行為を意図的に行っているからだ。相手がどうであれ危険行為は正当化できない。

 

では次に『やられる側に問題がある』とする被害者責任論についてだが、これに関してはケースバイケースだ。悪い場合と悪くない場合がある。

 

 

煽り運転が発生するパターンは以下となる。

 

  1. 頭のおかしい煽り運転常習マンが、落ち度のない被害者を問答無用で煽る
  2. 頭のおかしい煽り運転常習マンが、ひどい運転をした被害者を煽る
  3. 当初煽る気はなかった加害者が、被害者にひどい運転をされた結果、ブチ切れて煽る

 

では上記についてそれぞれ見ていこう。

 

 

1.頭のおかしい煽り運転マンが、落ち度のない被害者を問答無用で煽る

頭のおかしい煽り運転マンが落ち度のない被害者を問答無用で煽る

 

おそらくはこれが一番オーソドックス。

 

被害者が流れに乗って走っていようが、前者の前が詰まっていようが、どんなに煽る意味がなかろうとも煽って煽って煽りまくるキチ〇イタイプ。これは1から100まで加害者が悪い。YouTubeかTwitterに晒されてしまえ。

 

注意されて逆恨みブチ切れ煽りをした東名高速の石橋和歩(彼女持ち)も、過去のトラブルからこのタイプであることが判明している。

 

 

2.頭のおかしい煽り運転マンが、ひどい運転をした被害者を煽る

こちらは先ほどとは異なり、被害者にも落ち度がある。

 

ではその被害者の落ち度とは何なのかと言えば

 

  • 急な車線変更や割り込み
  • 側道からの雑な侵入で後続車に急ブレーキを踏ませる
  • 空気を読めないUターンで対向の後続にブレーキを踏ませる
  • 追い越し不可の一車線でノロノロ運転(後ろに行列を作る)
  • 追い越し車線をノロノロ運転で閉塞させる
  • 遅いくせに登坂車線に避けない
  • 無駄ブレーキパカパカ
  • 前者と車間距離を取りすぎ
  • 交差点で右折できたのにステイして右折しない
  • その他事故を誘発させるような危険な無意識的行為や過失

 

などがある。

 

この場合(ケース2)は、煽り運転民のバカと下手くそ運転バカのお似合いカップリング───運命の出会いである。アホ同士仲良く昇天して、どうぞ。

 

 

3.当初煽る気はなかった加害者が、被害者にひどい運転をされた結果、ブチ切れて煽る

当初煽る気はなかった加害者が被害者にひどい運転をされてブチ切れて煽る

 

煽る気など当初は無かったものの、元より血気盛んな人が前述の落ち度運転をされて人格が豹変し、『なんだぁこいつぁ💢』とブチ切れて煽り始めるケース。

 

"煽られる方が悪い論" の人が想定している条件は恐らくこのケースだろう。煽られる側が加害者の怒りを誘発させ、結果として煽られているため、この場合は50:50の両成敗がちょうど良さそう。どっちもどっち。

 

だが、繰り返すがやはり煽るのは良くないし正当化はできない。

 

 

論争 is ナンセンス

煽る側には逃れようのない落ち度があるとして、被害者が悪いのかどうかは完全にケースバイケースである。したがって、"煽る奴が悪い論" は真だが、"煽られる奴が悪い論" は真ではない。

 

今回のテーマに関して一文にまとめれば、『煽る奴は絶対に悪いが、煽られる側も悪いとは限らない』となる。

 

だから、それぞれが想定しているケースが異なるのに『~側が悪い!』と論争を続けるのはあまりセンスがない。目玉焼きには醤油とソースどっちをかけるかと言い争っているようなものだ。こんなセンスの無い頓珍漢な例えをする私が、他人のナンセンスさを揶揄する滑稽さをどうか嘲ってくれ。

 

 

煽ってないのに煽りさながらの運転をする人の話

これもよく言われていることだが、世の中には煽っていないのにもかかわらず、人に煽っていると感じさせるタイプの、デフォで車間距離が近い人がいる。

 

差別どうのこうの言われたくないから、あまり対象層を指定したくはないが、このタイプは40歳以上と見られるオバサンが多い。経験則として『なんか後ろ近いな...』と思ってルームミラーを覗くと普通のオバサンが見える。常識的に考えて、煽り運転をする血気盛んなオバサンがほぼ存在しないことを考えると、この手の人はナチュラルに車間距離が近いのだ。

 

だから、車間が近いからといって、何でもかんでも煽り認定している民も少し冷静になってほしい。何の悪気も無く、煽りのような運転をしてしまう人たちがいるということを理解すべきだろう。

 

そういう層に近寄られたくないのなら、車間距離の注意を促すステッカーでも買って、リアに貼り付けておくと良い。

 

↓こういうの

車間距離 ステッカー

車間距離注意喚起ステッカー

 

 

煽ったら負け、抵抗は死

煽ったら負け、抵抗は死

 

何回も繰り返す通り、煽り運転は正当化できない。煽る奴は人間のクズ。

 

気持ちはわかる。ひどい割り込みや侵入をされたら誰だってカチンと来るし、追い越し車線をチンタラ走っているアスペのような唯我独尊を見かけると煽、られても仕方がないとは思う。

 

だが、煽ってはならない。私たちは仏の心を持たねばならないのだ。"触らぬ神に祟りなし"、これを胸に刻む必要がある。

 

そして、煽られたらいちいち抵抗せずに素直に道を譲ろう。このご時世で煽る奴はまず頭がおかしい人間なのだから、いつ車から下りてきて殴りつけられるかわかったものではない。

 

また上記とは別に、煽ってきた相手、あるいは煽っているのに退かない相手をシバくために、信号停止中に降りて向かうのもやめよう。舐めてかかっていた軽自動車から、コワモテのムキムキおじさんがブチ切れで出てきたという話も実際にあるのだから...。

 

煽り運転 反撃

軽四 尻ピタ~ボコられ~逃走 - YouTube