今後どうなる、eスポーツ後進国日本 -プロゲーミング-

eスポーツ大会


e-Sports(以下eスポーツ)に関して、先進国の中でも遅れている側から数えた方が早い日本。 いつまで経っても否定的意見の多い日本eスポーツ界。でも最近少しばかり兆しが見えてきているeスポーツ。

 

今日はそんなeスポーツに対する浅い意見をいくつか述べたいと思います。

 

 

少なかった賞金 - 最近増えた賞金

e-Sports賞金

 

これは以前よりさんざん取り沙汰されてきたことですが、日本のeスポーツの賞金は国外の賞金に比べて圧倒的に少ないことで知られていました。*1

 

理由は主に『(刑法)賭博罪・景品表示法・風営法』によるもので、以前のeスポーツはもっぱらカジノのようなギャンブルやおまけ景品扱いであったため、それらの規制によりお気持ち程度の額しか賞金にすることができませんでした。

 

しかし、昨年のシャドウバース国内大会の獲得賞金100万ドルを見て分かる通り、現在は『プロゲーマーという定義付けであれば、賞金は景品ではなく報酬として受け取ることができる』という体になっているため、今後のゲーム業界はプロゲーミングを前提とした市場になっていくと思われます。

 

 

有名プロゲーマーは周りが思っているほど稼げていない

世界的に名の知れたゲームプレイヤー、ウメハラ氏の累計獲得賞金は約2,500万円。東大プロゲーマーのTokido氏は約4,000万円。

 

知名度や実績のわりに、世間が想像するようなビリオンマネーは稼げていないというのが現状。昨年末のシャドウバース大会で一億円を獲得したふぇぐ氏が、一発で国内ぶっちぎりの獲得賞金トップに躍り出た状況です。

 

(あくまで賞金の話なので、給与やイベント報酬は含んでいません)

 

 

eスポーツに対する理解のNASA

e-Sportsの認知度

 

eスポーツに関して日本は先進国の中でもとりわけ後進的であり、その要因の一つとして、eスポーツに対する理解の乏しさがあります。

 

以前の日本ではゲームという娯楽に対して、『ゲーム脳』という依存症を持ち出されて長年にわたってネガキャンされたり、『ゲーム=ギーク・ナード / 犯罪者予備軍の遊び』という偏見(スティグマと言っても過言ではない)を社会的に植え付けられてしまったため、未だにゲームそのものやゲームを用いた競技に理解の無い人が大勢いるというのが現状です。

 

また、日本人は海外のゲームの市場(会場を埋め尽くす観客とスター扱いの選手)を認知していない人が多く、仮に知ったとしても『うわぁ...大人げない』と、『ゲーム=子供の遊び』という偏見に基づいた否定的反応をするに終始するため、どのみちといった感じですね。

 

 

したがって、そんな状況では『eスポーツwwwキモオタの遊びがスポーツwww』といった冷淡な目を向ける人が大勢いるというのが事実。

 

下記のような侮蔑的な意見は依然として少なくありません。

 

今までは陰キャが「eスポーツ(ニチャァ」ってこそこそやってたのが、最近は学校の部活で陰キャが「eスポーツ(キリッ」ってはしゃいどるんやろ。なかなかの進歩やん。

 

特にゲームに馴染みのなかった団塊世代以上や、メディアによるゲーム脳ネガキャン時代に子育てをしていたような親御層は、より一層ゲームに対して冷ややかな目線を送っており、eスポーツの話題が持ち上がるたびに否定的なコメントを度々寄せています。

 

そのようなゲームが見下された環境では、他所に比べてゲームがエンタメとして盛り上がりにくくなるでしょう。ゲームにマイナスの価値観を植え付けられた日本社会において、eスポーツの普及は難しいと言えます。

 

そもそもネーミングが悪い

こう言っては何ですが、『eスポーツ』という名にしてしまったのも一つの失敗であると個人的に思います。

 

遊びの延長線であるガチなゲームをスポーツと呼んでしまったため、実物のアスリートやそのファンからは『ゲームがスポーツとか笑わせんな』といったような意見が寄せられており、また『ヒョロガリのくせに無駄にスポーツウェア着て結局モニターとにらめっこしてんのバカじゃねーの。eスポーツじゃなくてインキャゲーム大会にしろ』といったような辛辣な意見もあります。

 

アスリートやスポーツというネーミングが、特定の層に多大なる不快感を与えてしまった形になります。体育会系の老害なんかは、より一層否定的見解を示すでしょうね。

 

避けられない容姿の話題

ゲーマーの話になると、日本では必ず容姿の話題になります。例えばゲーム大会の写真などがネットに掲載されると

 

  • インキャ
  • ガリガリ
  • デブ
  • メガネ
  • キモオタ
  • 服ダサ
  • 根暗

 

という容姿に対する侮辱コメントが寄せられます。

 

海外の選手(欧米)は元より人種的な容姿端麗さがあるため、ゲーマーでもギークっぽさはありませんが、アジアンとなると如何せんそうもいかず、やはりゲーマーの容姿の見栄えがあまり良くないということもあり、そういった点でも世間から好感を抱かれにくい要因となっています。特に韓国人プロゲームチームなんかは『全員ヒカキンみたいだ』とよくバカにされています。

 

そのうち、客寄せパンダ要素のために、昨今の声優事情と同じで容姿ありきでプロを選出する日が来るかもしれませんね。

 

 

また、日本では顔出しに否定的な文化があることから、オフライン大会に出場するゲーマーやプロゲーマーはマスクで顔を隠していることが多く、そのせいで余計にバカにされているのが現状です。

 

 

そもそも日本にマッチしていない

日本のeスポーツ

 

eスポーツやプロゲーマーは日本人に向いていないと考えます。と言うのも...

 

人生のレールから外れたら終わり

日本は他国よりも人生のレールを踏み外したらアウトな風潮があり、例えば『プロゲーマーを目指して猛練習したけどプロになれませんでした。学歴も職歴もありません』となったら目も当てられない状況になります。

 

で、プロゲーマーの道を諦めて一般企業に就職しようとしても、『今まで何してたの?』と聞かれて『プロゲーマーを志望していました』だなんて答えてしまった日には『ブッwwプロゲーマー?ww』と門前払いされてしまうでしょうし、仮にその部分を誤魔化したとしても、学歴至上主義な時点でホワイト企業への道、一般的なサラリーマンとしての道は断たれて配信系フリーター暮らしになるのが関の山。

 

したがって、現状の日本でeスポーツアリスートを目指す道はかなりリスキーと言えます。

 

また、保険や滑り止めを用意しながら残り時間をゲームに充てても、結局大して上手くなれないというジレンマを抱えている状態。日本では『プロゲーマーを目指す』という将来の選択肢が生まれにくい構造になっています。

 

それに、親としても、子が『プロゲーマ-になりたい』だなんて言い出した人には全力で止めにかかるでしょうし、スパルタな親であれば、『そんな子に育てた覚えはない💢』と絶縁されることがあるかもしれません。

 

ソシャゲ大国でそもそもゲーマーが少ない

ソシャゲ 日本

 

長時間労働環境などに起因するのかどうかはわかりせんが、日本はソシャゲ大国という側面を持っています。つまり競技性の高いガチ目な対人ゲームを遊んでいる人が少ないです。日本はプロゲーマーが育つような環境や風潮ではありません。

 

だから当然のごとく弱いです。LoLもCSGOも世界が相手になるとまるで歯が立たず、日本は海外からバカにされています。オタク文化を自称していながらゲームが弱い。

 

 

また、eスポーツは現状PCゲームに偏っている形ですが、現在形でPC普及率は下降しており、最近ではもはやPCの操作方法がわからない若年層まで現れていると聞き及んでいます。

 

したがって、結局日本でeスポーツを普及させるには、参入の敷居が低くて競技性の低いお手軽ゲームを競技タイトルにする他なかったりします。CSGOやLoLやりましょうと言ったって誰もやりたがりません。

 

さらに、先ほどの "世界に腕が通用しない" という点で考えると、基本的に国内やアジア圏だけのゲームタイトルを、日本のeスポーツ種目に据えていくことになりそうです。海外に通じないなら独自の種目と文化を築くしかありません。

 

と考えた場合、もしかすると日本のeスポーツ界は、やがて世界から孤立してガラパゴス化する可能性も無きしも非ずといったところでしょうか。

 

 

ゲームの変遷が激しく不安定

ゲームの衰退、変遷

 

このご時世、次から次へと話題の新タイトルがリリースされ、話題のゲームが過去のものとなり、風化するスピードが徐々に早まっています。eスポーツタイトルとて例外ではありません。

 

では、ここではPUBGを例にして、PUBGが向こう3年間人気を保っているかと考えた場合まず無理ですね。

 

となると、今PUBGに注力しているプロゲーマーやプロを目指しているゲーマーは、近いうちに鞍替えを求められることとなり、他のゲームへスイッチすることを余儀なくされます。

 

この場合、PUBGにジャンルの近い他の大人数制チーム協力サバイバルゲームへ移住すれば事なきを得るかもわかりませんが、かと言ってその頃にはサバイバルゲーム自体が下火になって誰も注目しておらず、市場が消滅している可能性があります。

 

そうなった場合、『じゃあ次はどのゲーム、どのジャンルに参入するのか』という課題が出てきます。しかし、PUBGに注力してきたゲームチームが突然FPSや格ゲーに移住したところで勝てるはずはありません。つまり、ゲームタイトルや流行の変遷によって容易く職を失う可能性があります。

 

プロゲーマーは不安定であり、ある意味ではフリーランスとさほど変わりありません。一生の食い扶持にできるかと考えた場合かなり怪しいため、その不安を払拭し、選手の生活をどこまで保障できるのか、という部分が今後のプロチームの課題となりえるのではないでしょうか。

 

リアルのスポーツであれば、そのスポーツはそのスポーツとしてあり続けますが、eスポーツは常にスポーツタイトルそのものが変遷していくため、そのゲームやそのジャンルだけ極めていれば安泰とはいかないのです。

 

 

eスポーツのイメージダウン

e-Sportsのイメージダウン

©クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会

 

eスポーツ界では、eスポーツのイメージを低下させる不祥事やトラブルが度々発生しています。私が知っているトラブルはほんの一部に過ぎませんが、ここでご紹介させていただきます。

 

※プライバシー保護のため名前は伏せます

 

チームの給与未払い

昨年6月、某有名プロゲームチームであるDが、選手に対する半年間の給与の未払いを告発され、炎上しました。なお、その給料を滞納された選手は、生活苦を理由にチームを脱退しています。

 

これに対しチームのCEOはツイッターにて謝罪しますが、なんと経理担当が存在しないという事実が露呈し、さらに炎上。プロ界隈の杜撰な管理体制の一端が明るみに出た形となり、『所詮プロゲーマーの実情なんてこんなもん。夢も希望も無い』という意見が散見されました。

 

昨年10月にもLoLの有名チームが給与未払いで炎上しています。

 

八百長

某TCGの大会運営である某軍曹氏による八百長持ちかけ炎上。その後も同ゲームでは八百長疑惑が続出し、たびたび騒ぎに発展したため、ゲームの評判は最悪のものとなりました。

 

意図しない選手が優勝したため冷遇

運営がイケメン選手を優勝させるよう仕組むも、予想だにしない選手が優勝してしまったため、適当な対応を行い炎上。裏では他の選手に口止め料を払う始末。

 

選手の人間性

eスポーツに携わるプレイヤーは、サッカー選手や野球選手のような一般的なアスリートと比べて、不祥事や問題行動、問題発言が多く取り沙汰される傾向にあります。

 

日本のeスポーツに携わるプレイヤーや界隈の不祥事、例えば

 

  • プロチームが脱退した選手に嫌がらせを行い炎上
  • プロチームの守秘義務違反で内定取り消し
  • 『え~。。。僕シャドウバースの世界王者ですよ?w』とグラビアアイドルにクソリプ、業界人のフォロー行為に対し上から目線の言動
  • 大会で隠れて股間を弄っていたプロゲーマーがクビ
  • プロゲーマーが『ゲーマー=オタクじゃない。自分の容姿を見てそう思ってもらいたい』と発言して物議を醸す
  • 世界王者が『世界一になっても幸せにはなれなかった』と発言
  • 津波で亡くなった人をバカにしてプロチームをクビになる
  • 選手の援助交際持ちかけ
  • 選手間の三角関係で炎上
  • エロゲで割れをしていたことがバレる
  • ツイッターで他人のイラストを自作扱いしてクビ
  • 未成年飲酒公言
  • 大会で解説が選手の容姿を侮辱し炎上、キャストをクビに
  • ツイッターでエゴサして自分に否定的な発言をしている人物を片っ端からブロック
  • 飲酒した状態で大会の解説に出る
  • チート優勝者が大会で優勝。後になってチート使用が発覚し、その大会は無かったことにされる
  • チームの身内で美人局
  • 大会で自分を破った選手の目に指を突き刺す
  • コンシューマーFPS大会でハードウェアチート
  • ツイッターで女性を肉便器扱いする差別的ツイート
  • 大会優勝者が優勝盾をメルカリに出品
  • 女性プロゲーマーが『eスポーツはボクシングと将棋の同時プレー』という発言。これが多方面に喧嘩を売る形となりプチ炎上
  • TCGのプロが将棋を『マイナーのくせにプロww』とバカにして炎上
  • TVキャスターがプロゲーマーをバカにしたインタビューを行い、プロゲーミングのネガティブキャンペーンを行う
  • プロチームに加入するも早速不正行為を行い速攻でクビ
  • チート常用者がプロチームに加入しようとするも、内定取り消し
  • ゲーム内の日常的な暴言や荒らしでクビ
  • チーム間のスパイ活動でクビ

 

こうなってしまう要因としては、まずeスポーツで名前が売れている人の多くは、言い方が悪いですが、ゲームに熱中して上位勢になっていたら、たまたまお声がかかってプロになった人だからです。その点がプロスポーツ選手とは大きく異なっています。

 

『遊びでゲームやっていたら、ひょんなことからプロに転がり込んだ人が多い』、となれば、たいていはプロスポーツ選手のような大きな志も無く、スポーツマンシップやフェアプレー精神が備わっている人物という保証もありません。しかも、プロになるとある種の権力、ネームバリューが突如不随し、SNSでも発言権を持つことができますし、自尊心が高まった結果として他人を見下したり、ハメを外すような行動を選択してしまいがちです。

 

インキャ 権力

(ゲーム実力者の不祥事に対するツイート)


スポーツマンであるアスリートには、マナーや人間性の備わった人が多いですが、eスポーツのゲーマーは決してそうとは限らないという話です。(もちろんちゃんとした人の方が多いとは思いますが)

 

彼らが不祥事を起こすたびに『まーたプロゲーマーか』『まーたeスポーツがやらかしたのか』と言われ、再三のイメージダウンを招いてしまうでしょう。プロチームは不祥事続きのジャニーズが行ったコンプライアンス講習を見習って実施した方が良いと思います。

 

チームの代表も含めて、自分の影響力や看板を自覚していない人が多いように見受けられます。

 

 

一人がやらかすだけで

 

  • eスポーツが!
  • プロゲーマーが!

 

という情報が出回ってしまうため、たった一人の不祥事によって全体のイメージが著しく損なわれる形になることは必至。今のプロゲーマー界に浴びせられる冷たい目線、その原因の半分は選手たちにあると言っても過言ではありません。

 

日本のゲームに対する偏見5割、ゲーマー業界の不祥事5割によって、このeスポーツ界隈の理解の無さに繋がっています。

 

 

有名プレイヤーを集めているだけという意見

プロゲーマー 有名

 

プロチームは、ただ有名プレイヤーや実力者をかき集めているだけのところが多いです。

 

そのチームの運営やトレーニングがすごいというよりは、ただ有能な人材をかき集めて個々のスペックにモノを言わせているチームが多いというのも事実。もっとも、これに関してはリアルのスポーツもある程度同じことであるとは思うので、一概にプロチームにだけ文句を言うわけにもいきません。

 

しかし、とりわけ日本のプロチームには、海外のタクティカルコーチのような指導役の人材を備えているところが少ないという側面があります。元プロコーチがそれについて直々に言及していました。

 

ですから、現状のプロチームはただ地力のある有名プレイヤーが固まってモノ言わせているだけ、というのが正直な感想。そうではないチームがあったらその時はゴメンナサイ。

 

 

日本eスポーツ界の悪循環

e-Sportsの利権

 

現状以下のようなスパイラル構造を見せています。

 

  1. 物好きや趣味人しかeスポーツゲームに注力しない
  2. プレイヤー人口が増えない
  3. 遊ぶ人が少ないからゲームの利益が出ない
  4. 利益が無いからゲームの宣伝ができない
  5. 広告されないから新規プレイヤーが参入しない
  6. ゲームがビジネスにならず、スポンサー事業も成り立たない
  7. プロプレイヤーに夢が無い

 

日本のeスポーツは、上記の流れから脱却して今後発展を遂げていくと思います。ただし、世界の市場に対して孤立・ガラパゴス化していく、というのが素人一個人としての見解です。

 

ただ恐らく、ゲームをプレイするというよりかは、プロになれた一部の人たちが試合している様を "見て楽しむだけ" という人が大多数で、未だに不安定なゲーム業界へと、自身のリスクや時間を秤にかけてまで参入しようとするケースはかなり少ないのではないかと思います。

 

実際問題として、昨今はゲームをプレイするよりも視聴する人が増えていると聞きますからね。見る専ってヤツです。ゲームは見るだけ。

 

 

是非はともかく、日本はソシャゲガチャガチャ至上主義な時点で、eスポーツ普及の道は険しいと思いますが、eスポーツ産業はいわばコロンブスが見つけたアメリカ───金の卵、金のなる木であり、確定的な成長産業であるため、金のニオイを嗅ぎつけた団体が徐々に徐々に市場を拡大して行くでしょう。

 

さてさて、今後の日本eスポーツ界隈の発展をお祈りしつつ、このあたりで終わりにしたいと思います。 

*1:国外の最高賞金12億円に対して国内の過去最高は3,000万