GWをめぐる阿鼻叫喚のマウント取り

GWをめぐる阿鼻叫喚のマウント取り

 

GWに起因する各種マウント取り喜劇の幕は、GWに際してぼやきの多いサービス業従事者への煽りに切って落とされた。

 

 

サービス業煽り

サービス業労働者:『ウチらGWも働きっぱなしなわけだけど、10連休の連中はウチらに感謝しろよ』

 

10連休民:『いや、お前らがGWも休めないような底辺サービス職に就くのが悪いんじゃん。自分の努力不足を棚に上げて感謝を強要してんじゃねーよキメェな底辺どもwww』→8,000RT 10,000いいね

 

サービス業労働者:『ムキー!ウチらがいなかったら世の中回らないんだからな💢サービス業見下してる奴は今後サービス業利用するなよ💢』

 

10連休民:『ムキになってて草』『んじゃワイらは旅行行くんでサービスよろしくな底辺ども^^』

 

 

???:『ウチら365日休みなんだけど...』

 

※主ソース:ツイッター

 

 

ケース2 - 国への不満

サービス業労働者:『祝日増やすのやめて😭』『国はウチらのこともっと気にかけてよ😭』

 

10連休民:『自己責任お前が悪い国はお前らの母親じゃない文句は会社に言え嫌ならやめるか転職しろ底辺。あーでもまともな職におめーの席ねーから😂一生疲弊し続けてくれ』

 

ツイッターの智者:『嫌な仕事もサービス業も結局は誰かがやらなくてはいけない。全員がサービス業から逃れることは不可能ナリ』

 

※主ソース:ニコニコニュース / ツイッター

 

 

渋滞・混雑煽り

お出かけ民:『渋滞!混雑!行列数時間待ち!サンドラ玉つき事故!GW割増料金!』

 

???:『わざわざ混んでる時期に出かけるバカwww』『初日から事故ってる奴を眺めながら食う飯は美味い』

 

シバター:『混んでるGWしか遠出できない社畜www』

 

お出かけ民:『引きこもりと遠出できない貧乏底辺とサービス業労働者とクソザコレスラーが何か言ってて草』

 

 

ケース2 - ディズニーランド

お出かけ民A:『ディズニーランド、初日ガラ空きやんけ!』

 

世論:『初日は混むと思ってみんな行かんのやろ』

 

お出かけ民B:『したら明日も空いてるやろ。明日行ってみるわ』

 

~翌日~

 

ざわ...ざわ...

 

お出かけ民B:『混みすぎィ!!』

 

世論:『みんな考えることは同じなんやなって』『それが集団心理よ』『カッペが集まってきてて草』『レゴランド行けよ空いてるぞ』

 

※主ソース:ツイッター

 

 

非外出民煽り

自宅警備民:『GWの混雑嫌いだしずっと家にいるわ』

 

お出かけ民:『旅行する金ない貧乏人』『ひきこもり』『底辺』『普通は旅行とか遠出するから』

 

明治安田生命:『GWの過ごし方アンケートによると、75%が自宅でゆったり過ごすと回答しています』

 

お出かけ民:『負け組ワラワラで草』『ワイらブルジョワやんけ』

 

※主ソース:まとめサイト

 

 

GWとかいう社会的地位発表会と化したイベント

経済や所得の不安定さから来るストレスやコンプレックスを動機とする他人叩きも増加していくような気がしてならない。僻みで上級国民を叩くと同時に、自分は負け組ではないとばかりに、底辺側を『底辺イライラで草なんだ...w』と叩く人が現れるのではないだろうか。

池袋交通死亡事故への反応は、"上級国民 vs 大衆" という二項対立の序章

 

『連休を取れるか否か』、『連休を遠い地で優雅に過ごせるか』という部分にも割と社会的地位が反映されている節があって、だからこそGWにこじつけた多種多様なバトルが繰り広げられているし、恐らくは年度を増すごとにこの傾向は悪化していくのだろう。今年度はサービス業への侮蔑が表面化した。

 

広がる格差は、休日数やその過ごし方にすら圧倒的な差異と差別意識を生み出してしまった。お金の無い家庭に生まれた子供は国内旅行すらさせてはもらえず、一方ブルジョワの家に生まれた子供は海外旅行へと向かう。親の財力が子供の経験に反映される。

 

『コーナーで差をつけろ』という名言は、すなわち『GWで差を付けろ』ということなのかもしれない。

 

 

さて、4月のシンデレラホームレスは君の嘘である私は、岡山県の県北にある川の土手で今日も日向ぼっこをしている。

 

岡山ドバーランド

 

『岡山は今日雨だったろ』とかそういう余計なツッコミ要らないから。

 

地下足袋履いてしこたま酒飲んで一緒にイナゴ狩りしたいやつ、至急、メールくれや。