『終身雇用・・・なくなっちゃったね・・・///』

『終身雇用・・・なくなっちゃったね・・・///』

出典:http://www.hibiki-site.com/lovely-cation/

 

 

経団連の会長に引き続き、先日はトヨタのボスである豊田章男氏までもが『終身雇用、いや~きついっす(素)』とこぼしてしまった。

 

実質的に日本の頂点であるトヨタがそれを切り出したということは、それに倣う形で終身雇用を廃止する企業が今後爆発的に増えていく。これは想像に難くないはずだ。

 

 

従来の社会は、終身雇用を廃止したくても踏み出せない企業が多かったと想像できる。終身雇用は日本のガラパゴス文化であるため、『自分の企業だけ廃止したら社員から顰蹙を買うに決まっている...』と怖気づいていたはずだ。

 

しかし、影響力の大きい企業が先陣を切って終身雇用を廃止していくとなれば、制度を廃止するためのハードルが下がり、『じゃあウチも廃止しまーす。トヨタが無理なんだからウチも無理だよ当然だろ!』と、トヨタの先例が "上げた拳の振り下げどころ" ───いわゆる免罪符になる。

 

したがって、今後は大手中堅弱小かかわらず、『(終身雇用制度)ないです』と言い出す企業が増えていく。

 

まぁそもそもの話、昨今の45歳以上早期退職募集ラッシュの時点で、すでに終身雇用なんて夢物語であると示されていたわけだが。

 

 

なぜ終身雇用が終わるのか

なぜ終身雇用が終わるのか

 

終身雇用制度とは、戦後の限られた人員リソースを確保するべく、社員の将来を約束する対価として忠誠を誓わせるシステムだった。また、在籍年数が長ければ長いほど賃金が高いという、ある種の前借り制度としての年功序列があり、企業も社員も相互に依存し合うことが最も合理的だった。

 

終身雇用制度とは、元来的に経済(企業)成長が継続する前提で成り立っている制度だが、ご存知の通り現在の日本は凋落しており、おそらくどこの企業経営も一筋縄ではいかず、資金繰りも厳しいのだろう。となると、企業は余分なリソースとなった人員を抱えていたくはない。当然解雇したくなる。

 

企業にしてみれば、賃金が高い上に終身雇用(クビにならない)の上にあぐらをかき、なぁなぁで仕事をしている生産性の低い中高年社員をお荷物ととらえている

 

中高年社員───その多くは管理職だろうとは思うが、管理職の人間が体たらくでいい加減な仕事をしているという話はどこでも耳にする。仕事中にネットサーフィンをしたり、エロサイトを見たり、マインスイーパーをしたり、管理職でなくとも外回りの営業車で寝たり...。

 

もちろんすべての管理職がそれであるとは言えないが、組織内部で年齢や在籍年数を理由に幅を利かせる中高年の上役は仕事の質が悪い。なのに、年功序列で人一倍金がかかる。だから、そうした社員を企業に置くアド(トヨタに習ってインセンティブとでも言うべきか)が無い。

 

それらを切り捨てられるようにしたいというのが、企業が終身雇用を終わらせたい理由として最も妥当だ。企業はコスパの悪い金食い虫を抱えていたくないのだ。

 

 

となると、それはサボり癖のある中高年にとどまった話ではなくなる。例えば私のような単なる無能にしても然りだ。

 

単なる無能───つまり、ミスが多かったり生産性の低い人員というのは、組織に利益をもたらさない。だから、企業としては切り捨てたいと考えるのだが、解雇にも制限があるため、どうしてもやめさせたい人員のいる企業は、苦肉の策として今までパワハラを用いたり閑職に追いやって自主退職へと追い込んできた。しかし、昨今は人権意識の高まりとともに、パワハラで辞めさせることも難しくなっている。

 

ならば、解雇を容易にする制度や社会作りを進めたいとお偉方は考える。その結果が終身雇用の終焉だ。

 

 

と考えた場合、有能な人材は終身雇用が終わったとしても、特に憂慮することなど無いだろう。企業は負債でしかない金食い虫を追い出したいだけなのであって、利益を出す有能な社員には留まっていてもらいたいのだから。

 

 

ただし、有能であっても切られ得る可能性は存在する。

 

例えば、ある企業がA、B、C、D、Eという5つの事業(部署)を抱えていたとする。そして、その中のB部署が技術革新の煽りを受けて撤退および廃業したとする。するとこの場合、その企業の中でB部署の社員の仕事が無くなるわけだが、従来はリストラすることが難しいため、畑違いのスキルだろうと無理やりにでも他部署へ異動させていたこともあっただろう。

 

終身雇用が廃れさえすれば、そうした場合に辞めさせることが容易となる。『キミじゃもうウチに利益出せないから消えなさい』と。

 

したがって、仮に能力があってもその能力の活かしどころが無くなれば、サヨナラバイバイされる可能性は十二分にある。まぁそもそも、労働者側も自己のスキルと業務がミスマッチになったら自主的に辞めていくのだろうけど。プログラマーがラーメン屋やりますかって話だ。

 

 

終身雇用が崩壊した場合

寝る前に愚鈍な頭で考えた程度だが、以下へ雑多に記述してみる。内容はあくまで個人の主観とお気持ちであるため、頭のいい人が見たらすぐに誤謬だと分かる。

 

競争力は上がる

終身雇用なくなる

企業は合理的な経営をすべく、無能と余った人員はビシバシ解雇

有能の価値と待遇上昇

有能の引き抜き / 人材獲得競争

劣悪ぶりぶり企業は潰れる(転職市場が活発だから辞めやすい)

まともな優良企業が残り、業界の競争力を貶めるブラック企業が消える

単純労働者の時給も上がる(ただし昇給は無い)

賃金水準が上がって消費が上向く

景気が良くなる

 

(実際はもっと様々な部分で作用し合うから、こんな単純な話じゃないだろうけど)

 

いや、あるいは失業者が増えて景気が悪くなるのかも。素人にはわからない。

 

 

 

終身雇用が崩壊した場合は、退職者が増加すると同時に求職も増加する。

 

となると、おそらく就活市場はいっそう流動的になり、企業間の人材獲得競争が激化する。そして、企業は有能な人材を獲得するためにより高額な賃金を掲示する必要があるだろうし、年功序列が弱まった結果として、有能であるならば若くして高賃金を受け取ることができるかもしれない。

 

共産主義下(同一賃金)で国力が低下することを考えた場合、より資本主義臭が強まった流動的かつ実力至上主義的な社会では、負債を排した企業の成長が促進され、ひいては社会の景気が良くなる気がする。より適材適所性が強まる。

 

まぁ、仮に終身雇用が無くなった上で年功序列が存続するなら、それはもうゴミとしか言いようがないだろうが...。終身雇用を廃止するなら年功序列も廃止にして、稼ぎに見合った歩合式の賃金を与えるべきだ。というか、そうでなくては誰も会社に居付かない。

 

終身雇用崩壊のデメリット

終身雇用の無い社会のデメリットは恐ろしい。

 

そのデメリットとは何か、無能な人間の居場所が無くなる。

 

いや、無くなるというよりかは、無能は本当に底辺しか彷徨えない状態になる。実力主義とは、裏を返せば『無能には無能にふさわしい場しか用意されない』ということだ。

 

今までは仮に無能であろうと、行動力さえあれば、青春を代償にしたガリ勉で得た学歴や運を頼りに何とか優良企業に転がり込み、入社後に無能が発覚しても終身雇用の庇護を受けていた。

 

だから、そこそこの企業にも無能の人材が一定数いて、無能な高給取りというのも当たり前に存在していたのだろうが、今後の無能な人材は首を斬られてしまう。もはや運だけ棚ぼたは通じず、『テンプレ押さえて就活だけ有能っぽく振る舞えば良い』とはいかない。

 

したがって、終身雇用の崩壊した社会における無能は、底辺職に勤める以外の道は無いだろう。今までのように運だけや外面だけを取り繕った大企業入社は通用しない。そうして、有能はより良い企業へと、無能はより相応しい程度の企業へと移り、目下の格差拡大により一層の拍車がかかる。所得格差はより大きくなる。

 

 

終身雇用の無い社会は、資本家や有能な人物にとってはプラス的要素が多いだろうけれど、その反面、無能な人材にとっては苦境でしかない。

 

そして、無論これも常套句である "自己責任" で片づけられてしまうだろう。『底辺職にしか就けないのは無能なお前が悪い』と。こうして "かわいそうランキング" 下位の者たちは、いっそう悲惨な現実に直面することになる。

 

したがって、生まれつき能力の低い人にとっては、ただ社会的なハンディキャップが追加されるだけの悲しい世界となってしまう。終身雇用はもう無能を優しく包み込んではくれないのだ。手厚い年功序列で役職が上がって、毎日なぁなぁ仕事で終業まで時間潰して帰るような日常は通用しなくなる。

 

もちろんここ数年ですぐにそうなるわけではないだろうが、10年20年先になったらどうなっているかなんて誰にもわからない。

 

 

終身雇用廃止で得する人と損する人

終身雇用廃止で得する人と損する人

 

  • 得する人→企業・有能君・転職斡旋業(エージェントなど)
  • 損する人→ブラック企業・無能・サボリ魔

 

なんだか、より一層弱者に憂慮されない社会になってきたなぁという気はしている。もはや無能の賃金獲得手段には何の保証もない。

 

もちろんこれは企業活動としての合理性を追求した結果なのだろうし、それ自体をバッシングすることはできないけれど、企業活動ですら優生思想が強まってきていて、生殖の優生思想のみならず、社会全体において持たざる者が追いやられる仕組みになってきていると思うのは私だけだろうか。

 

 

終身雇用をやめるとなると、おそらく企業に文句を言う人が多くなるのだろうが、別に企業とて意地悪をしたくてそうしているのではなく、厳しい状況でより合理的に経営するために踏み切ったに過ぎない。現代は労働者が苦しいのと同時に、企業も等しく苦しいのであろう。

 

 

あとどうでもいいけど、『終電逃しちゃったね...(チラッチラッ)』みたいことを言われた経験のある人は実際にいるものなのだろうか。

 

もし言われたことがある読者がいたら、懇切丁寧に壁のシミにして差し上げるから、至急、メールくれや。